全ての悩みは人間関係から!ストレスをなくす心理学

私たちを悩ませる最大の原因は人間関係です。

そんな人間関係の悩みを解消するシンプルで強力な考え方を紹介します。

実は、人間関係のストレスは考え方1つで克服できます。対人関係に悩んでいた僕自身も、この考え方をしてからとても楽になりました。

きっとみなさんのお役に立つはずです。

 

アドラー「人間関係以外から悩みは生まれない」

人間の悩みは全て対人関係の悩みである。

日本でもアドラー心理学の「嫌われる勇気」で有名なオーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーの言葉です。

 

アドラーが言うように、私たちの悩みは全て対人関係の悩みです。

こう言うと、「いや、お金で悩んでるんだけど」「私は健康で悩んでいる」「俺は仕事で悩んでるんだ」など意見が飛んできそうですね。

しかし、よく考えてみてください。

あなたはなぜお金が欲しいのですか?

なぜ健康でいたいのでしょうか?

仕事の何が不満なのでしょうか?

これらの行き着く先は全て人間関係です。

 

対人関係と何の関係もなさそうなお金の悩みも、「成功者として認められたい」や「家族を養っていきたい」などの人間関係が根底にあります。

逆に言えば、人間関係の悩みさえなくなれば、他人の目を気にせず、ストレスを抱えず、イキイキと生きることができます。

しかも、それは難しいことでもなく、今までのあなたがたったひとつの考え方をプラスするだけです。お金もかからないし、この記事を読み終えたらすぐに実践できることです。

 

人間関係の悩みを解消するたった1つの考え方

「他人はあなたのことなど興味がない」

これが人間関係の悩みを解消する考え方です。

ホリエモンこと堀江貴文さんも著書「多動力」の中で同じことを言っています。

 

「え、どういうこと?」「そんなはずない!」と思いましたか?

反論する前に少し話を聞いてください。

なぜ、この考え方がいいかと言うと、人間関係で悩む人は自意識が高すぎるからです。

人間関係で悩む人は、「他人がどう思うか」という基準で生きているから苦しいのです。

「他人が自分をどう思っているのか」が気になるので、本音が言えません。言いたいことが言えないと、ストレスが溜まるのは当たり前です。これは自意識が高いから起こることです。

 

あなたはいつも他人のことを考えていますか?

これを解消するためには、「他人からどう見られるのか?」を生きる基準にするのをやめれば良いのです。

とはいえ、それができれば苦労しませんね。

そこで、事実として「他人はあなたのことなど興味がない!」ということを認識してほしいのです。

人は他人のことには興味がありません。

あなたは自分がどう見られるのか悩んでいますが、あなたはいつも他人のことを考えていますか?

 

ケンカやいじめなどであれば、相手のことを考えているかもしれません。

相手が家族や恋人であっても、考えているかもしれません。

しかし、他のあまり重要ではない職場の人やクラスメイトのことを、あなたは一日にどれだけ考えていますか?

ほとんど考えていないはずです。

他人ももちろん同じです。あなたのことなど誰も興味ないのです。

 

有名人でもないのに、いったい誰が見ているというのか?

「他人からどう見られるのか?」が気になった時は、他人は自分に興味なんかないということを思い出してください。他人のことを考えて行動を躊躇する必要はありません。

この事実さえ認識していれば、人間関係に悩むことがなくなります。

 

堀江貴文さんも、「芸能人でもないみなさんのことをいったい誰が見ているというのか?」と言いました。

「どう思われてるか?」ばかりに目が行きそうですが、誰も自分のことを見ていないんだから自由にして良いのです。

僕はあえて、少し自己中くらいの考えを持っていてもいいと思っています。

他人はあなたに興味がないのだから、好き勝手していい

これぐらいのマインドで大丈夫です。人間関係に悩む人はそもそも好き勝手できない人です。

だから、ちょっときつめに考えてちょうどいいぐらいになるのです。

 

期待することを辞めればストレスは消える!

  • 人は自分のことしか興味がない
  • 他人はあなたのことなど興味がない

この事実を知っていると、周りの反応に対する期待値が下がります。そして人間関係の悩みがなくなるのです。

 

期待を裏切られるとストレスが増える

人がストレスを感じるのは、自分の期待と現実が合わなかった時です。科学的にも根拠があり、実体験としても納得できることですね。

例えば、相手に対して腹が立つのは、あなたが相手に期待していることと実際の行動が違うからです。つまり、あなたの相手にこうあってほしいという期待と現実の相手が異なるからストレスを感じてしまうのです。

苦手な人とは、あなたがコントロールできない人です。期待に沿ってくれないから腹が立つのです。

これの解決方法は、「我慢する」か「期待値を下げる」かのどちらかです。我慢はストレスが溜まるので、期待値を下げれば良いのです。

 

「他人は自分に興味がない」という事実を忘れない

「他人があなたに興味がない」という事実を認識すれば、他人に期待しなくなりストレスは大幅に減ります。

そもそも「自分に興味ないんだ」と分かっていると、人間関係で傷つくことはありません。

むしろ、少しでも人が自分に良いことをしてくれれば、何倍も嬉しく感じるというおまけ付きです。

 

苦手な人が現れたら、「期待しすぎていないか?」と自分に問いかけてみましょう。

きっとどこかに「こうあって欲しい」という相手への期待が隠れているはずです。

その時は、「他人は自分に興味がない」という基本の考え方に戻りましょう。

 

ストレスを溜めないためのマインドセット

「他人は自分に興味がないのだから、期待する必要はない」と分かってはいるけど、なかなか感情が追いついてこないと思います。

そんな人のために覚えておいて欲しい3つのマインドセットを紹介します。

 

マインドセット①必要最低限の人と付き合う

人間関係で悩むのは「みんなに好かれなければいけない」と思っているからです。

世の中には自分を好いてくれる人もいれば、嫌ってくる人もいます。あんなに美味しい焼肉や唐揚げですら好きな人も嫌いな人もいるのです。この事実を認識するとストレスを溜めずにすみます。

自分を好いてくれる人とは付き合い、そうでない人とは必要最低限で付き合いましょう。このような割り切りを持つと人間関係が楽になりますよ。

 

マインドセット②自分がどういう感情になっているか考える

人間関係でストレスが溜まってイライラしたり悲しくなったりした時は、一旦冷静になって自分の感情を見つめ直してみましょう。

今、自分はどんな感情を抱いているのか?

なぜこの感情になったのか?

このように考えると、頭の中が整理されストレスの原因がクリアになります。そうすることで、落ち着いてきたり、意外と大きな問題ではないということに気づくはずです。

 

マインドセット③感情にまかせた行動を取らない

例えばイライラした時、感情にまかせて人の悪口を言ったり、暴力を振るったりしてはいけません。イライラに結びつく行動をとることによって、感情がより強化されて呼び起こされます。

感情→行動→感情…というように、まさに負のスパイラルになるのです。

感情がどうしてもおさまらない時は、一度その場から離れましょう。ストレスの原因から物理的な距離をおき、感情に任せた行動が出ないように心がけてください。

 

改善する方法は継続できなければ意味がない

人間関係の悩みを治す方法は、本やネットでもたくさん出てきます。その中には効果的なものも含まれているのでしょう。

しかし、このような方法の多くは、継続しにくいという欠点があります。いくら心理学的に、医学的に効果が認められていても、継続できなければ意味がありません。

 

例えば、私は整体師の資格を持っており、不定愁訴に苦しむ人たちに改善法を教えることがあります。そこで、私が勧めているのはウォーキングを中心とした簡単な運動だけです。継続してもらわないと意味がないからです。

「継続は力なり」とはよく言ったものだと、改めて感心させられますね。

ぜひ根気強く続けてみてください!

動画もぜひみてください!

 

おまけ:ストレス耐性について

人によって、ストレスに強いのか弱いのかは変わってきます。

ストレスに対する強さを、ストレス耐性と言います。人間関係で苦しくなる理由は、ストレス耐性が低いからです。ストレス耐性が低いと、ちょっとした言動に一喜一憂し、敏感に反応してしまいます。

ストレス耐性の低い人たちは、多くの場合で精神的・身体的な不調を抱えています。人に気を遣いながら、ビクビクしているので、ストレスによる不調が起こるのは当然だといえます。

 

さて、ストレス耐性は生まれて間もない頃に決定します。

生まれて間もない頃、親からどのように接してもらったかによって決まるのです。。

「泣いている時にしっかり抱きしめてくれたか」「いつでも守ってあげるという姿勢で接してくれたか」がその人のストレス耐性を決定します。つまり、ストレス耐性は愛着によって決定されるということです。

ストレス耐性が低い人は、愛着形成になんらかの問題があり失敗した人です。他人のことを自分と同じ人間だと認識できず、信頼感が持てないのです。

一度こうなってしまえば、プロの手にかからなければ治すのは非常に難しいでしょう。

本気で治したいと思う人は僕に連絡してきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。