<男女別>しぐさ心理学で人の心をよむ方法まとめ

今回は男女別のしぐさについて解説しようと思います。

すでに紹介した男女共通のしぐさに加えて、男性・女性別の特有のしぐさについて知ることができれば、相手の心は手に取るように分かるでしょう。

そうすれば相手の行動を誘導したり、恋愛、コミュニケーションに絶大な効果を発揮するはずです。

男女共通のしぐさについての記事はこちら

<男女共通編>しぐさ心理学で人の心をよむ方法まとめ

 

心理学本に載っているようなしぐさもありますが、その中でも実用的なものにしぼって紹介します。

 

男性のしぐさ心理

あごを触るしぐさ

1つ目は、あごを触るしぐさです。

男性のしぐさを観察していると、あごを触る人をよく見かけます。

男らしい人や情熱的な人にこの傾向があります。

 

あごを触るというしぐさは、考え事をしている時にあらわれます

実際、あごを触っている人は考えているのですが、それ以上に何かを値踏みしていることが多いです。

「こいつは本当に信頼していいのか」 とか 「自分の話をしっかり聞いているか 」などと思っている時に、あごを触るという動作があらわれることが多いのです。

 

胸を張って歩くしぐさ

2つ目は、胸を張って歩くしぐさです。

このしぐさをする人は自信が無いあらわれです。自分が強いということを周囲に示すために、男性は胸を張って歩きます。

 

胸を張って歩く人は、痛みに弱い傾向があります。

ジョンキャパスという心理学者によると、人間はフィジカルタイプとエモーショナルタイプに分けることができます。

MEMO
●フィジカルタイプ:身体に対して感受性が高い

●エモーショナルタイプ:情緒に対して感受性が高い

胸を張って歩く人は、フィジカルタイプです。

精神的には強い一方、身体が弱い傾向があります。

 

このタイプの特徴を挙げると、

  • 男性に多い
  • 職人気質
  • コミュニケーションが苦手
  • こちらが自己開示して接すると上手くいく
  • 人に教えるのが好き
  • 人に教えられるのは好きではない

これは高い確率で当てはまるので、ぜひ参考にして見てください。

 

前かがみになるしぐさ

3つ目は、前かがみになるしぐさです。

前かがみは関心があることを示しています。特に関心のある話や興味のある女性がいる時に、出ることが多いです。

もちろん女性もそうなりますが、男性の場合はより一層その幅が広いです。

 

男性は感情をしぐさに表しやすいです。

嘘を見抜くのも女性よりも男性の方がはるかに簡単です。

 

セクハラ上司など困った男性への対処や気になる男性へのアプローチに、このしぐさを捉えてみるとコミュニケーションが上手くいくでしょう。そして、難しい人とコミュニケーションが取れれば、自分自身の自信にもなりますよ。

 

女性のしぐさ心理

女性のしぐさから心理状態を読み取るということは、男性なら誰でも興味があることでしょう。

そして、それは恋愛や夫婦関係においてとてつもなく役に立ちます。

それでは見ていきましょう。

 

髪を触るしぐさ

1つ目は、髪を触るしぐさです。

基本的に、このしぐさは不安と傲慢(ごうまん)のあらわれとされています。

不安と傲慢ということなる感情は、髪の触り方で判別します。

一般的に、以下のように判別します。

  • 不安な気持ちを和らげたり隠したりしたい時 → 髪を人差し指でくるくると巻くように触る
  • 気分が上がって、調子に乗っている時 → 髪を手で押さえるように触る

髪の毛を触るというしぐさ1つとっても、その触り方によって全く異なる感情を抱いている可能性があるのです。

 

なので、心理学でよくある「このしぐさをしたら、この感情」というのは浅いです。

典型的なしぐさを見つけたとしても、それが本当は何を意味しているのか?

そういうところまで踏み込んで考えていただけたらと思います。

そして、そのように踏み込んで考えることにより、他の人とは違う深い理解者として相手と接することができます。

 

肩をすくめるしぐさ

2つ目は、肩をすくめるしぐさです。

このしぐさは男の人でもやりますが、圧倒的に女の人が多いです。

特に落ち込んでいる時や何かがうまくいっていない時、このしぐさがよくでます。

 

恋愛で使う場合、肩をすくめるしぐさを見た時はチャンスです。

なぜならその人は不安や落ち込みを感じていて、弱っているからです。

そんな時に優しい声かけをすれば、相手はあなたのことを信頼し、分かってくれる人だと思ってくれます。

「落ち込んでいる人に優しく声かけをすると、彼女ができる」とよく言われますが、落ち込んでいる時に誰かにかまってほしいと感じるのは当たり前ですよね。人は本質的、孤独を嫌うので。

肩をすくめるしぐさが読める人は、女の子が落ち込んでいるタイミングがはっきりとわかります

それゆえに適切な声かけや心理誘導ができということなのです。

 

瞳孔を読む

3つ目は、瞳孔が開くというものです。

心理学には嘘を研究する分野があります。嘘を見抜く指標の中で、最も確実なのが瞳孔を読むことだと言われています。

瞳孔は自律神経が支配していて、感情が素直にあらわれる珍しい部位です。

なので瞳孔を読めれば、人が思っていることを正確に理解できることになります。

 

瞳孔をよく観察すると、開いたり閉じたりすることが分かります。

女性の瞳孔が開いた時は、相手に関心がある時です。更に言えば、恋愛的な関心です。

話している時に女性の瞳孔が開いているなら、 積極的にアプローチを仕掛けても問題ないでしょう。

 

瞳孔を読むには相手に近づく必要があります。 特に、日本人の瞳孔は黒目のため読みにくく、その変化を認識するためにはかなり近づく必要があります。

一度、瞳孔まで読めるようになると、かなりの観察力を持つことになります。

簡単ではありませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

 

しぐさ心理を使った具体的なケースについても書きました!

【しぐさ心理学】男性が女性を好きだと見抜いたケース

 

最後に

しぐさを観察することは、簡単なようでかなり難しいことです。

しかし、観察すればするほどあなたの観察力は上がり、相手の心を読めるようになります。

まずは身近な人から練習を積み上げ、目的の相手に対して観察・誘導できるように頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。