iPhoneの新機能「マインドフルネス」の最強の効果とは

Appleの創始者であるスティーブ・ジョブズは、

「私は毎朝、鏡の中の自分に向かって、『今日が人生最後の日だったとしたら、今日の予定をやりたいと思うだろうか』と問いかける。『ノー』の日が続いたら、何かを変えなければいけない」という言葉を残しました。

この言葉の根底にあるのが、「今、ここ」に全ての意識を向けるマインドフルネスです。

 

iPhoneの標準アプリであるヘルスケアには、「アクティビティ」や「睡眠」に加えて「マインドフルネス」が実装されました。GoogleやFacebookなどが取り入れ、世界的に注目されているマインドフルネスの最強の効果とやり方について話していきます。

 

マインドフルネスとは?

「マインドフルネス」とは、マインド(=心)が、フル(=満ちた)ということ。つまり、心が満たされている状態です。

言い換えると、マインドフルネスとは「今、ここ」に全意識が向いている状態のことです。過去を振り返り後悔したり未来のことに不安を持つこともなく、ただ’今’に集中している状態です。

 

例えば、大好きなケーキを口いっぱいに入れている時、マインドフルな状態です。心がケーキに夢中になり、全意識を「食べる」という行為に向けています。

他にも、ゲームやマンガに時間を忘れて没頭している時もマインドフルな状態と言えます。

 

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネスと聞いて、まず思い浮かぶのは瞑想ですね。マインドフルネス瞑想は「今、ここ」の状態、つまりマインドフルネスに入るための方法です。

本来、瞑想はマインドフルネスを目的としたものではなく、瞑想は仏教の開祖である釈迦が約2500年前に考案した技術で、悟りを開くための修行です。これを聞くと、滝に打たれながら僧侶が座禅を組んでいるようなイメージが湧くかもしれないですね。しかし、瞑想は呼吸を意識するだけで出来るのです。

呼吸を整え、瞑想をすることで、必然的に意識が一点に集中していきます。一点に集中することで「今、自分が存在している」という感覚を感じることができます。

 

マインドフルネス瞑想が注目される①心の貧しさ

マインドフルネス瞑想が注目されるようになった理由の1つに、心の貧しさが挙げられるでしょう。

社会が豊かになればなるほど、人の心は貧しくなるとはよく言われます。特にネット上での仮想空間が発達した現在、「自分が確かにここに存在している」という感覚はあいまいです。

瞑想はこの心の貧しさや虚しさを癒してくれるシンプルで効果的な対処方法になります。なによりも「自分が今ここにしっかりと存在している」という確かな感覚を感じることができます。

 

マインドフルネス瞑想が注目される②手軽にできる

理由の2つ目は、手軽にできて準備がいらないからです。

私たちは多かれ少なかれ、日常の中でマインドフルネスを経験しています。しかし、それは意図したものではなく自然にマインドフルネスになっているだけです。

マインドフルネス瞑想をやれば、マインドフルネスに入ろうと思った時に意図的に入ることができます。しかも、自分の身体さえあればいつでも実践できるのです。

これがマインドフルネス瞑想の注目される2つ目の理由だと僕は考えています。

 

マインドフルネス瞑想まとめ

  • マインドフルネスとは、「今、ここ」に全意識が向いている状態
  • マインドフルネス瞑想とは、瞑想で意図的にマインドフルネス状態になること
  • 呼吸を整えることで、簡単に瞑想することができる

 

瞑想をするメリット

瞑想の数えきれないほどある効果の中で、代表的なものを並べておきます。

  • 不安や恐怖を感じにくくなる
  • 記憶力が上がる
  • 冷静になる
  • 幸福を感じやすくなる
  • 自信が持てるようになる
  • 健康になる
  • 睡眠の質が上がる
  • 仕事の効率が上がる

ざっと並べるだけでも、これだけの科学的な効果があります。

科学的な効果は確かに魅力的です。しかし、瞑想を行う最大のメリットは「自分が今ここに存在している」ことをリアルに感じられることです。

瞑想を実践してみれば本当によくわかるのですが、瞑想をすると単に気分が落ち着くだけではなく、自分が「確かにこの世界に存在しているんだ」と感じられます。

安心感というかなんというか、言葉では表せない自然との調和を感じることができます。

 

瞑想による驚異的な効果の理由

瞑想には、なぜこんなにも効果があるのでしょうか?

その理由は瞑想が「脳を休ませる」からです。

 

私たちはいつも雑念にとらわれて生活しています。毎日、色々なことを考えては落ち込んだり苦しんだりしています。それによって脳はとても疲れているのです。「脳の疲れ」は自分で気づくことができないので、しっかりケアしないとパフォーマンスが落ちていきます。

瞑想をすることで一点集中し、雑念を追い払うことができます。つまり、余計なことを考えない状態になります。これが脳にとっては最高の休息になるのです。

実際、瞑想を行うと睡眠が少なくても同じパフォーマンスを保てることが分かっています。瞑想はいわばミニ睡眠のような働きを持っていると推測されます。睡眠は動物にとって必要不可欠なものですから、それに準ずる効果がある瞑想は、驚異的な方法なのです。

 

簡単で効果の高い瞑想法!3選

①呼吸に意識を向ける瞑想

呼吸に意識を向ける瞑想は簡単で効果が高く、いつでもどこでもできるおすすめの方法です。

「息を吐く時に呼吸を意識する」

ただこのことだけを実行すればいい、とてもシンプルな方法です。

 

よくある方法として「吸う時と吐く時の両方を意識する」と書いていますが、瞑想初心者にとっては難しく感じます。

そこで吸うときは考えず息を吐く時のみ意識してください。意識しにくい人は吐く時に「吐いている」と心の中でつぶやきましょう。こうすることで呼吸を意識に上げやすくなります。

この瞑想法を行う時間は1日5分〜10分で大丈夫です。それも難しい人は1日にひと息だけでもやってみてください。

重要なのは継続することです。そのために極限までシンプルであることが必要です。

ぜひこの呼吸を意識する瞑想法を1日1回行なってみてください。頭がスッキリして、クリアになる感覚が得られると思います。

 

②物に意識を向ける瞑想

2つ目の方法は、物に意識を集中させるというものです。これもどこでも気軽に行うことができるのでおすすめです。

「ペンをひたすら観察する」

やり方はこのようにシンプルです。

 

ペンがない人は他のものでも構いません。時間は30秒〜1分でやってみてください。ペンのデザイン、色、形などをよく見てください。

小学生が初めて虫を見た時のように、ひたすら観察します。

電車内などであれば、つり輪やドア、椅子などなんでもいいので1つターゲットを決めてこの「物に意識を向ける瞑想」をやってみてください。

 

③何も考えない (瞑想すらしない)

実は僕は瞑想をしていません。

理由は簡単で、面倒くさいからです(笑)。密教でも瞑想に近いことをするのですが、それもやらずにお寺で寝ています。「面倒くさがりすぎだろう!」と怒られそうですが、面倒くさいこと以外にも、やらない理由があります。

結局は瞑想の目指すところは「何も考えないこと」だからです。

 

瞑想の基本は呼吸です。呼吸に集中し、それ以外の思考を遮断します。こう言うとかっこ良いですが、つまり何も考えないということです。

「瞑想はぼーっとすることじゃないんだ!悟りを開くために云々・・・」とクレームが聞こえてきそうですが、釈迦以外の人は悟りを開くことは出来ません。なので結局は「瞑想によって何も考えないようにする」か「ぼーっとして何も考えないところを目指すのか」しかないのです。

目指すところは「何も考えない」という一点です。

 

重要なことは、一点集中し雑念を追い払うこと。

そして、脳を休ませることです。

 

最後に:瞑想で脳のかたちが変化する

最後にみなさんにお伝えしておきたいことがあります。

それは瞑想をすると「脳の形自体が変わる」ということです。

しかも、嬉しいことに形が変わるのは脳の中の恐怖を感じる「扁桃体」という部位です。扁桃体はいわば警報機の役割を果たしており、私たちに恐怖や不安を感じさせる役割を果たしています。

 

扁桃体の働きが適切であれば、人は上手く危険を回避することができます。これが過剰に働いてしまうと常に焦燥感や不安を感じることになり、日常生活に支障が出るようになります。

「自分は不安を感じやすい」と思っている人は、扁桃体の働きが過剰になってしまっている可能性があります。

しかし、瞑想をすればこの扁桃体の体積が小さくなり、恐怖や不安を感じにくくなります。それと同時に「帯状回」と呼ばれる感情をコントロールする脳の部位は大きくなります。そのため、感情コントロール力が高くなり、不安は感じにくくなるという理想的な脳の状態になります。

 

ぜひ今日から瞑想を取り入れて、マインドフルな生活を送ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。