メンタリストDaiGoはインチキ?パフォーマンスの種明かし

様々なパフォーマンスで有名なメンタリストDaiGoは、ヤラセやただのマジシャンだと散々言われています。

そこで、彼のパフォーマンスを徹底解剖し、本物なのかマジックなのか解説していきます。

 

メンタリストDaiGoについて

 メンタリストDaiGoのプロフィール

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 – )は、日本のパフォーマー、作家。

静岡県出身、血液型はB型。

高輪高校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。

ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。

新潟リハビリテーション大学特任教授。(wikipediaより引用)

ビジネスでも大成功している上に、大学の教授まで勤めているすごい人です。

書いた本もかなりの数あります。

 

メンタリストとは?

超常現象パフォーマーのメンタリストDaiGoが肩書きとして使用し、日本に広めた言葉。

彼の定義では、心理学に基づく暗示や錯覚などのテクニックを駆使し、常識では考えられないようなパフォーマンスを見せる人を指す。

ほとんど手を触れずにフォークを曲げたり、人が心の中で唱えた数字を言い当てたりといったパフォーマンスをテレビ番組などで披露して人気を博した。(コトバンクより引用)

そもそものメンタリストはトリックなどを含めた心理テクニックを駆使して、超常現象を再現するパフォーマンスです。

ただ、DaiGoの定義によるとトリックを使わず、心理テクニックのみで超常現象を再現するということです。

 

多くのマジシャンがDaiGoを批判

ネットで彼の名前を検索すると、メンタリストDaiGoは「インチキ」「マジシャン」「ペテン師」「仕掛けがある」などの記事が多くあります。

僕の友達や知り合いにはプロマジシャンが何人もいますが、みんな口を揃えて「DaiGoはメンタリストではなくマジシャンだ」と言います。中にはマジシャンのキラさんやふじいあきらさんに直接指導したことがある大御所の人もいました。

しかし、どのマジシャンに聞いてもメンタリストDaiGoはインチキだという答えが返ってきます。

 

DaiGoの2つのパフォーマンスに対する疑惑

フォーク曲げとカラーボール当てのDaiGoの説明

メンタリストDaiGoの主なパフォーマンスは、「フォーク曲げ」「ボールの色を当てる」です。

ちなみにDaiGoの説明では、

・フォーク曲げ→物理学や運動力学、錯覚を利用している

・ボールの色を当てる→暗示誘導を利用している

と言っています。

 

フォーク曲げとカラーボール当てに対するマジシャンの見解

しかし、マジシャンはこの2つのパフォーマンスについて「インチキだ」「手品だ」と言います。

その理由の代表的なのは、

・フォーク曲げ→柔らかいマジック用のフォークを使っている

・ボールの色当て→小型センサーを使っている

というものです。

 

フォーク曲げの検証

東急ハンズのマジックコーナーへ行くと、簡単に曲がるフォークが売っています。

このようなフォークを使っているのなら、メンタリストDaiGoはメンタリストという名を借りたにインチキマジシャンでしょう。

しかし、実際に商品を手にとって見ると明らかにギミックだと分かります

 

DaiGoは本当にフォーク曲げができる!

では、DaiGoの使っているフォークを動画から検証してみましょう。

これを見る限り、DaiGoの使っているフォークはマジックショップで売られているフォークではないですね。

彼はごく一般的なフォークを使っています。

この時点で、マジック用のフォークを使ってはいないということが分かります。

 

フォーク曲げのやり方

結論として、DaiGoがやっていることは努力の結果、習得した技術です。

曲がりやすいフォークを使っているのではなく、テコの原理や錯覚を応用したパフォーマンスなのです。

 

実は、僕もフォーク曲げができます。しかし、習得するまでにはかなり練習が必要でした。

僕が曲げたフォークがこれです。

フォーク曲げの手順を解説した動画もどうぞ!

少なくともフォーク曲げがインチキではないと分かったと思います。

ただ、できない曲げれないフォークもあります。

曲げれる硬さのフォークであれば、てこの原理などを利用し科学的に曲げられるのです。

 

ちなみにフォーク曲げがやりたい人は、眉村さんとKOUさんが解説しているDVDを買うとある程度できるようになります。

 

 カラーボール当ての検証

結論からいうと、「ボールの色当て」のトリックにセンサーは使われていません。

確かにマジックの道具として小型センサーはあります。

しかし、DaiGoの使っているカラーボールは100均のもので、センサーを埋め込むとなると販売元の業者と協力しなければいけません。これはなかなか難しいと考えられます。

 

さらなる証拠として、DaiGoをプロデュースした眉村伸也さんというメンタリストが本の中でこんなことを書いていました。

TVプロデューサーから「トリックはなしで、心理学だけでお願いします!」と言われた。

少なくともTV側はインチキマジックを求めていたわけではなく、心理学オンリーでやって欲しかったようです。

このことからも、DaiGoがプロデューサーの意向を裏切ってまでマジックをやるというのは考えにくいことです。

 

極めつけは、眉村伸也さんが一般人に即席でサイコロの目を選ばせるパフォーマンスをしていたことからも、インチキがすることは難しいと予想されます。

 

DaiGoは暗示を使ってカラーボールを当てている

好きな色を選ばせて当てるというのはインチキではなく、暗示を使えば十分に可能です。

ただ、TVを観ていると、暗示を使っているように見えませんでした。

なので、TVでのパフォーマンスの場合、収録前に暗示を入れている可能性があります。

 

収録前にあらかじめ被暗示性の高い人にターゲットを絞り、色を連想させる言葉を埋め込んでいるのかもしれません。あるいは暗示を埋めているところがカットされているのではないかと思います。

 

カラーボールのパフォーマンスに関しては予想のはんちゅうを超えません

ただ、僕はインチキとは思っていません。

 

カラーボール当てのやり方

暗示を使えば、相手は簡単に操作できる

DaiGoの説明通り、カラーボール当ては暗示を用いたものです。

僕も暗示を使って、特定の数字を選ぶよう誘導したり、選んだ数字を当てたりすることができます。

そもそも暗示は、心理をやっていない人にはオカルトなものに聞こえるかもしれませんが、当たり前のように存在します。

暗示の例①

子どもの頃に「ピザ」と10回言った後、「ここの名前は?」とヒジを指して尋ねると、多くの人が「ひざ!」と答えてしまうゲーム。

暗示の例②

「今日の空は青いね」と青にまつわることを何気ない会話に紛れさせておいた後、「直感で1つ色を言って!」というと「青色!」と相手は答えます。

暗示の例③

数字を選ばせる時に、選ばせたい数字を見せる時だけ目を合わせたり、指でジェスチャーしたりすることで相手が選ばせたい数字を選ぶ確率が上げることができます。

暗示の例③は、マーキングと言うテクニックです。

マーキングについては以下の記事を参考にしてください↓

サブリミナル効果で言葉に説得力を持たせるアナログマーキング

 

しくみを知らないとインチキに見える

では、なぜメンタリストDaiGoは「インチキだ」とか「マジシャンだ」とか言われるのでしょうか?

それは一般の人がフォーク曲げや暗示のしくみを知らないからです。

しくみを知らなければ、ただのトリックだと思うのは当然でしょう。目の前で硬いフォークがぐにゃぐにゃに曲がるのですから。

 

しくみが分からないことを勝手にインチキと決めつける

人の脳には認知的不協和という性質があり、説明がつかない状態を嫌います。

なので、強引に「インチキだ」と理由をつけてしまうのです。

 

しかし、フォーク曲げもカラーボール当ても練習すれば誰にでも出来る技術です。

その技術と手順が非常にスムーズで綺麗だから、超常現象のように感じるのです。

DaiGoのフォーク曲げを元々編み出したのはメンタリストのKOUのようです。

彼はDVDでフォーク曲げを解説していますが、かなりのテクニックです。私もベンディングをやっていますが、特に柄の曲げ方は真似できません。

関連記事↓

メンタリストDaiGoのフォーク曲げのやり方を少しだけ解説する

 

徹底的に心理学が学べる心理塾へのご参加はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です