サブリミナル効果で言葉に説得力を持たせるアナログマーキング

今回のテーマはアナログマーキングです。

 

アナログマーキングは、サブリミナル効果を使った無意識の技術です。

あなたが話す内容に、より説得力が生まれ相手からの信頼感を獲得することができます

特に対面で会話する中で、相手に気付かれずに強調したいメッセージを頭に植え付けることができます。

 

「言語を使わず無意識に相手の心に働きかける」というのが、このアナログマーキング最大のメリットです。

それでは解説していきます!

 

無意識を扱う技術について (理論編)

技術だけいきなり伝えてもオカルトのようになってしまうので、先に理論を説明します。

理論が分かっていると、他の無意識を利用した技術も理解しやすくなります。

 

意識を扱う技術とは

意識的な技術は、言語を使うものがほとんどで、相手の意識に上ります

例えば、話し方の工夫は言語を扱うので意識的な技術です。

 

無意識を扱う技術とは

無意識を扱う技術は、言語を使わずに相手に影響を与える技術です。

身体の動きなどを使って、相手の無意識にさりげなく影響を与えます。

 

アナログマーキングについて

さて、本題ですね。

アナログマーキングとは

アナログマーキングとは強調のことです。

自分の伝えたいことを相手に気付かれずに強調できる点が、アナログマーキングの最大のメリットです。

使い方によっては相手を操作することができます。悪用厳禁でお願いします!

 

目を使ったアナログマーキング

アナログマーキングにはいくつか種類がありますが、今回は目を使うやり方を解説します。

相手に影響を与えるという意味で、目はかなり強力です。

そのため、目を使ったアナログマーキングは相手に強烈な印象を残しやすいのです。

 

アナログマーキングのやり方

例えば、あなたが面接で自分の誠実さをアピールしたいとします。

そんな時は、面接官の質問に答える中で「真面目」「一生懸命」「やり通した」などの「誠実さ」を連想させる言葉を話す時に、相手の目を見てください。

このように伝えたいメッセージの時だけ目を合わせることで、相手の無意識にはそのメッセージが自然に印象付けられます。たったこれだけで「あなた=誠実な人」というイメージが面接官の中で出来るのです。

 

この方法から相手は逃れられません。

意識に上がらない無意識の技術なので、相手は気付かないまま強制的に印象付けられるのです。

それほどこのアナログマーキングは強力です。

 

アナログマーキングの活用方法

強調したいメッセージの時にだけ目を合わせる。

アナログマーキングは実にシンプルな無意識のテクニックです。しかし「そうか目を合わせればいいのか」で終わっては意味がありません。

日常の様々な場面で使えるこの技術の使いどころを知って、実際に使えるようになってください。

 

アナログマーキングで感謝の言葉を強調しよう

今日から感謝の気持ちを述べるときは、アナログマーキングを使ってみてください

「ありがとう」と伝えるシーンは学生であれ、社会人であれ沢山あるはずです。

そこで、「ありがとう」と言う時に相手の目を見るようにしてください!

そうすれば相手には「感謝を伝えるあなた」が印象付けられ、好印象を自然に持ってもらえるようになるでしょう。

 

だんだん慣れてきたら、自己流にアレンジしてもらっても大丈夫です。

まずは「アナログマーキングはこんなものだ」というイメージを持ってもらうためにも、ぜひ試してみてください。

相手が自分に好感を持ってきているなら、アナログマーキングは成功しているということです。

 

マスターすれば、この技術を仕事や恋愛など自由に使うことができるようになりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です