自己肯定感を簡単に上げる方法

 こんにちは、Ryotaです。

 

今回のテーマは、

・自己肯定感を簡単に上げる方法

 

 

自己肯定感←→謙虚さ

 

自己肯定感とは、「自分はこれでいいじゃん」と思える感覚のことです。

 

「そのままの自分でOK!」

って感覚ですね。

 

この自己肯定感ですが、とにかくみんな低い。

僕も以前はとても自己肯定感が低くて、何をやっても「自分はなんでみんなみたいになれないんだろう・・・」と悩んでいました。

 

なぜ自己肯定感が低いのか?

 

多くの場合は、幼い頃に母親との関係がうまくいかなかったことが原因です。

あるいはあまりに厳しく育てられた場合なども自己肯定感が低くなります。

 

後者の場合、自己肯定感を邪魔するものは、「謙虚さ」です。

日本では、自分を前面に出さず控えめにしておくのが美徳とされてきました。

 

そのため、はっきりと相手に対して意見することなどは、はばかられます。

 

常に「謙虚さ」に縛られている人。

それが自己肯定感が低い人です。

 

 

自分を大切にする行動が自己肯定感を上げる

 

これがわかると自己肯定感を上げる方法が思いつきます。

 

・「謙虚さ」を控える

 

これだけです。

 

謙虚にしすぎて自己肯定感が下がるなら、謙虚にしなければいいだけです。

とはいえ、いきなり「謙虚さを捨てろ!」なんて言われてすぐできるわけありません。

 

だから、行動から自分に暗示を入れる方法(非言語アファメーション)で解決します。

 

具体的には、

 

・美味しいものを食べる

・少し高いものを身につける

 

をしてみてください。

 

「こんなことで何の効果があるのか?」

と思われるかもしれませんが、これは簡単に自己肯定感をあげる方法です。

 

「美味しいものを食べる」

「少し高いものを身につける」

 

という2つの行動には共通していることがあります。

 

それは、

・自分を大切にしている

ということです。

 

自分にちょっとしたプレゼントをあげるようにする。

そんな感覚ですね。

 

普段の自分にほんの少しの労いを与える。

これが自己肯定感を簡単に上げるコツです。

 

簡単ですが、ぜひ試してみてください。

 

いつもより少し自分を大切にしよう。

きっと、そう思えるずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。