物理的にストレスを排出する涙活のすすめ

Ryota です。

今日のテーマは「涙活」。
涙活とはその名の通り、涙を流してストレスと発散しましょうというものです。

涙には実際、ストレス成分が含まれており、涙を流すことはストレス原因物質そのものを体外に排出する作用があります。
また、体感的にも非常にスッキリします。

大泣きした後にスッキリして心が落ち着くあの感じを意図的につくるということです。

 

涙活のやり方はいたってシンプルです。

・泣く

ただ、これだけです。

 

問題はどうやって泣くかですが、僕がオススメしているのは、

・映画
・アニメ
・ドラマ

を見るというものです。

私たちの日常で泣く場面はそんなにありませんから、これらを使って強制的に自分を泣かせるわけです。
特に大人は泣く場面ありませんし。笑

 

自分が泣ける映画、アニメ、ドラマがある人はそれを使ってもらったら良いです。
とはいえ、「泣ける作品なんて知らないよ」という人もいるかと思います。

そこで、以下に泣けるリストを紹介しておくので、参考にしてみてください。

・クレヨンしんちゃんシリーズの映画

知らない人はいないというぐらいの人気アニメですが、映画はかなり泣けるものばかりです。
特に「あっぱれ戦国大合戦」「大人帝国の逆襲」「ロボ父ちゃん」あたりは普通に泣けます。



涙活におすすめです。

 

・ジブリシリーズ

ジブリは面白いのですが、意外と泣ける作品はない。
例外的に泣けるのは「思い出のマーニー」です。

 

・邦画

邦画は泣ける作品が多いと思いますが、どう頑張っても泣いてしまう作品は「永遠のゼロ」「さとうきび畑」などの戦争ものです。


このどう頑張っても泣けるというのがポイントです。

「絶対泣ける!」という作品はありそうでない。

今回紹介した作品は僕が涙活する時に使う作品ですから、ほぼ全員泣けるんじゃないかと思いますので、試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。