心のバランス。全体性の心理学。

 こんにちは、Ryotaです。

 

今日は、

心のバランス

についてお話ししていきたいと思います。

 

心のバランス

 

心のバランスとは、文字通り「私たちの心はバランスを保つ」ということです。

 

例えば、性格の暗い人は常に暗いかというとそんなことはありません。

自分の得意なことなどでは驚くほどテンションが高かったりします。

 

逆も然り。

 

いつもテンションが高い人は、傷つくのも人一倍。

それが意識しているのかしていないのかはわかりませんが、心は常にバランスを保ちます。

 

これは人生全般にも言えます。

自分が今、人生のどん底にいるなら、それはこれから人生が好転していくというサインでもあるわけです。

底の底まで落ちたら、あとは上がる以外ありません。

 

よくもまあこんな不幸なことばかり・・・

と思うこともあると思います。

 

しかし、そういう時こそこの「心のバランス」を思い出してほしいのです。

不幸を多分に感じた分だけ、幸せへ繋がる道も裏で同時に開拓されているのだと。

 

驕れる者はバランスを崩す

よく聞く話ですが、金銭的に成功した人は、家族を失ったり、とんでもない裏切りにあったりします。

「驕るるものは久しからず」

とはよくいったもので、成功者というのはバランスを失いやすいから痛い目を見やすいのです。

 

無意識には全体性というものが存在しています。

何事も一つだけ抜きんでることはできず、全体として引き上げられるというイメージです。

だから、仕事でバリバリ成功していて仕事人間になっていると、「恋愛がうまくいかない」「健康を害した」など思わぬ側面から打撃がきたりします。

 

なので、あなたにはいつも考えてほしいのです。

「何かに突出して力を注ぎすぎていないか?」と。

 

そして、もし仕事にばかり力が入っていたなと感じたら、健康や恋愛などプライベートのことにも少し力を入れてみる。

そうすれば、心のバランスが維持され、自分の心が安定して、バランスが良くなることを実感できるでしょう。

 

「心のバランス」

 

ぜひ心に留めて生活してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。