カウンセリング

カウンセリングで相談される悩みの例

  • 精神的な病気に苦しんでいる
  • 自分に自信が持てない
  • 本当の自分が分からない
  • 恐怖心が強くて踏み出せない
  • 人間関係が上手くいかない
  • 恋愛が上手くいかない
  • コミュニケーション能力に自信がない
  • いじめを受けている
  • 社会人になるのが怖い
  • なんとなく気分が落ち込む
  • 自分の人生や性格を変えたい

などなど

 

もしあなたが上のような悩みを抱えているにも関わらず、

「カウンセリングを受けるほどのことでもない」

「自分の力でなんとかしよう」

「他人に相談するのは恥ずかしい」

「友達や親に相談すれば良いや」

と思っているのであれば、僕のカウンセリングを受けるベストタイミングかもしれません。

 

 

一生懸命頑張っているのに、上手くいかない。認めてもらえない。どうして良いか分からない。

負のループにはまって、孤独や不安で押しつぶされそうになる。

そんなあなたに、僕はよりそい続けます。

 

 

今度こそ、本当に今度こそ、自身を変えませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこれまでカウンセリングを通して、たくさんの人たちを変化させてきました。

悩みの内容は様々でしたが、僕が行うカウンセリングには共通点があります。

それは、実質的な変化を起こすこと。

 

今まで、友達や家族に相談した人もいると思います。

中には、臨床心理士に話を聞いてもらったことがある人もいるでしょう。

 

しかし、よく考えてみてください。

話を聞いてもらうだけで、変われましたか?

 

その時は、「スッキリしたなあ」と思うけど、またいつの間にか元の嫌な自分に戻ってしまっている。

そして、結局変われていない。そんな経験はありませんか?

 

 

あなたを変えるカウンセリング

僕のカウンセリングを受ける最大のメリットは、

あなたに実質的な変化が起こる

 

「これまでどこに行っても悩みが解決しなかった」

「心理学なんて役に立たない」

「自分を変えることなんてできない」

そう思っている人ほど、一度カウンセリングを受けてみてください。

大きな変化を感じられます。

 

 

 

ダメな人なんていない、あなたは必ず変われる

カウンセリングの根底にあるのは、クライアントに対する「絶対的な信頼感」です。

誰もが無限の可能性を持ち、変化する力を持っている。

 

僕は誰もが「変化する力」を持っていると確信しています。

日常生活では、多くの人がそのことに気づいていないのです。

あなたにの中にある変化の種を見つけ出し、その力を最大限まで引き出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、これまでどうにもならないことに苦しんでいる人のカウンセリングをしてきました。

周りから諦められてしまった人や、自分のことを好きになれない人などのカウンセリングをしてきました。

 

しかし、ダメな人なんてただの1人もいませんでした。

みんなそれぞれに強みがあり、個性があります。

ただそのことに気づいていないだけ。本当にそれだけなんです。

 

今、あなたが本当に傷つき、苦しみ、現状をなんとかしたい。

そう思っているなら、どんな時も自分だけは自分を諦めてはいけません。

自分が自分を諦めてしまったら誰があなたを支えてくれるのでしょうか?

僕たちカウンセリングをする立場の人間にできることは、あなたの潜在的な力を引き出すことだけです。

解決の種はすでにあなた自身の中にあるのですから。

 

 

周りがなんと言おうが関係ありません。

あなた自身がどうありたいか?

大事なのはそれだけです。

 

僕のカウンセリングでは徹底的にこの考え方ができるように導きます。

自分軸で動けるようになると、
世界の見え方がガラッと変わります。

その感動をあなたにも味わってほしい。

心からそう思っています。

あなたと出逢えることを楽しみにしています!

 

カウンセリング方法と料金について

  1. 下記ボタンから、購入
  2. こちらからメールで連絡
  3. スタッフによる事前ヒアリング(skypeで30分程度)
  4. 日程調整の上、Ryotaによる対面カウンセリング

(※カウンセリングの実施場所は、兵庫県神戸市にて行います)

 

これら全てを10800円にて行います。

(心理塾生は、何回でも5000円引きで行います)




守秘義務について

カウンセリングにおいて知り得た情報は、ご本人の同意なしに、当施設外の第三者に伝えることはありません。

ただし、生命に関わること、法律や社会規範に反することなど、緊急の事態が生じた場合には、その限りではありませんので、ご了承ください。

その際も、相談される方が特定できるような事柄は、一切開示致しません。