心理学16性格分析は必要ない!石井裕之のWEタイプとMEタイプ

今回のテーマは、2タイプ性格分析です。

心理学では、16性格分析という詳細な性格分析が主流となっています。しかし、分類数が多すぎるので実用性に欠けます

そこで今回は、実際に僕がセラピーで重視している2タイプ性格分析法について解説します。

 

2タイプ性格分析法は僕自身が実践で使ってきたものなので、効果を実感しやすいものだと胸を張って言えます!

 

16性格分析は実用性がない

性格分析において、多くの学者が見落としているのは実用性です。

例えば、心理学で代表的な16性格分析は覚えるだけで疲れてしまいます。その上、初対面の人に16種類の性格を当てはめて判断するのは難しいです。なので実用性がなく、いざという時に全く役に立たないのです。

 

カウンセリングではクライアントに出会った瞬間に、性格や特徴を分析する観察眼が必要です。これができないと、初対面のクライアントとラポールが築けず、カウンセリングの入り口で失敗してしまいます。

失敗の理由は性格分析がしっかりできていないからです。

16性格分析は学問としての価値はあったとしても、カウンセリングやセラピーの実用性が問われる世界では無価値です。

 

大事なのはクライアントが問題を克服できるかです。

頑張ったけど結果が出ないでは何の意味もありません。いくら心理学の本を読み漁って、偉い教授に教えてもらおうが結果がでなければ意味がありません。

そういった意味で、実用的な性格分類法は2タイプ性格分析法となるのです。

 

石井裕之のWEタイプとMEタイプ性格分類

僕が使っている性格分類法は、カリスマセラピストの石井裕之さんが考案した2タイプ性格分析です。

石井さんについてはこちら↓

石井裕之というカリスマセラピスト。コールドリーディングだけじゃない!

 

元々あった性格分類を、石井さんが独自にアレンジしたのが2タイプ性格分析です。

この分類では人間の特徴をWEタイプMEタイプの2つに分けます。

WEタイプは「私たち」を大切にする人で、みんなが気持ちよく過ごせることを重視する性格です。

MEタイプは「私」を大事にするタイプで、私が心地よく過ごせることを重視する性格です。

 

これだけ聞くとWEタイプが良くて、MEタイプがダメだという風に思われるかもしれません。

しかし、どちらが良いというわけではありません。

 

それぞれのタイプの代表的な特徴を紹介していきましょう。

WEタイプ

・髪の毛は右わけ

・カバンは左で持つ

・指を組むと左の親指が上にくる

・重心は左

MEタイプ

・髪の毛は左わけ

・カバンは右で持つ

・指を組むと右の親指が上にくる

・重心は右

 

この2分類法は使えないと言われることもありますが、実際はかなり使えます。知らないとだいぶ損するぐらいです。笑

なぜ使えないと言われるかというと、どちらかに完全に分けられると思っている人が多いからです。

100%WEタイプ、100%MEタイプの人はいません

人はどちらの性質も持っていますので、どちらの割合がより高いかで見分けます。

また、タイプの特徴も全てが当てはまるわけではありません。

「どちらの項目に多く当てはまるか」で判断してください

 

本質的なポイントを見極める

目の前の人を性格分析したいとき、その人の言葉の根底には「WE」があるのか「ME」があるのか?

それを見極めることがとにかく重要です。

2タイプだから性格分類が簡単というわけにはいきません。

この性格分類法をマスターするためには、とにかくたくさんの人に会ってプロファイリング能力を上げていくしかありません。

 

WEタイプの人は「私たち」重視の性格なので、「あなたのおかげでみんなが助かっている」ということを伝えてあげると喜びます

一方、MEタイプの人には「〇〇さん⬜︎⬜︎を教えてください」という言い方をすると、喜んで教えてくれます

タイプ分けができるとコミュニケーションは格段に楽になります。

 

この性格分類法を何に使うかはあなた次第ですが、知っておいて損はありません。

私たちの生活は全て人と人との関わりの中で存在しています。

相手の性格を瞬時に見抜ける力は、この世界で圧倒的なアドバンテージとなるでしょう。

 

科学的な検証は意味がない

最後に1つお伝えしておきたいことがあります。

この性格分類は科学的な検証ができません。というより意味がありません。

 

人の性格というものは科学で測れるようなものではありません。

心が解明されていない現代では、心を科学で測ることは不可能であり無意味です。

心はただの物質ではありません。特に無意識の解明は全くと言って良いほど進んでなく、まだまだ未知数です。

 

この性格分類はセラピストの経験則から生まれたものです。この分野では正確な科学的な検証ができない以上、経験則こそが指標となるのです。

セラピーやカウンセリングは科学ではありません。

目の前のクライアントに有益な効果があるかどうか。それだけが全てなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です