恋愛や営業に効果を発揮するダブルバインドのやり方とコツ

今回のテーマはダブルバインドです。

ダブルバインドは交渉や恋愛、洗脳などに効果を発揮します

 

「あなたは犬派ですか?猫派ですか?」と聞かれた時、

本当はどっちもそれほど好きじゃないのに「どちらかというと猫派かな」などと答えてしまったことはありませんか?

この時、あなたはすでに犬か猫のどちらかが好きだという前提で選んでしまったのです。

 

今回はこのダブルバインドを実際に使えるようになってもらいます。

心理学の知識は持っているだけでは全く意味がありません。実戦で使えて初めて意味があるのです。

 

前提をすっ飛ばすダブルバインドとは?

ダブルバインドの本質は、二者択一前提飛ばしです。

例を用いて使い方を説明していきます。

 

ダブルバインドのやり方 (例)

彼女をデートに誘う時のことを考えてみましょう。

普通の人は「明日空いてる?」という聞き方をします。これでは相手にデートに行くか行かないかという2つの選択肢を与えてしまいますね。

もしダブルバインド使って誘うならば、「ピザ食べに行く?それともパスタか、どっちがいい?」という言い方をします。

どっちを選んでも、「デートに行く」という目的は達成されます。

要するに「デートに行くか行かないか」という前提を飛ばしているのです。

 

ダブルバインドは二者択一と前提飛ばしを組み合わせたテクニックです。

人は目の前に選択肢が用意されると、その中から自分の選択をしようとしてしまいます。

この性質をうまく利用したのがダブルバインドなのです。

 

「デートに行こう!」と誘うと断られる可能性があります。

なので、どちらを選んでもデートに行くことが前提となるように話すのです。

 

ダブルバインドを使いこなすコツ

ここまでの話なら、たくさんの心理学の本に書いてあります。

最初に書いた通り、この記事を読んだ皆さんには、ダブルバインド使いこなしてもらいます。

そこでもう一歩進んだ話。ダブルバインドのコツをお伝えします。

 

相手の意識にあげさせない

ダブルバインドは言語を使うとはいえ、思わずどちらかを選んでしまうという無意識のテクニックです。

なので、意識に上がってしまうと効果がなくなります

「前提を飛ばした」と相手に思われてはダメです。

 

ダブルバインドを使うのが下手な人は、前提に気付かれてしまいます。

では、相手に気付かれないようにダブルバインドを仕掛けるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

心の底から本気で言う

「何とかデートに誘おう」というやましい気持ちがあると、相手の無意識は必ず気が付きます。

相手が心から言っているのか、何か裏があるのか。無意識にはお見通しです。

なので、「本当にあなたと食事に行きたいんだ。ただそれだけなんだ。」という気持ちを持って本気で相手に接することが重要です。

そうすれば相手に気付かれることなく、ダブルバインドで選択肢を絞ることができます。

 

ダブルバインドを使う人の多くはこの視点が抜けています。言語的なトリックだけではうまくいきません。

態度も同じぐらい、いやそれ以上に重要なものなのです。

この点を意識してダブルバインドを使ってみてください。

 

最後に (豆知識として)

ダブルバインドのテクニックが最も使われているのは詐欺です。

詐欺師は一般の人が想像している以上に心理学の勉強していて、ダブルバインドなどのテクニックもマスターしている人が多いです。

なぜそんな詐欺に引っかかったのと思う人もいるかもしれません。しかし、うまい詐欺師が心理テクニックを使えば、本当に簡単に騙されます。

このダブルバインドはそんな詐欺師が愛用するテクニックの1つでもあるのです。

 

詐欺師の使う心理学についての記事はこちら↓

悪用される心理学。詐欺師が愛用する3つの心理術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です