バレンタイン&告白に役立つ女性のための心理学

バレンタインに告白しようと思っている人はたくさんいると思います。たいていは女の子だと思います。

今日は女の子がバレンタインデーに告白成功率を上げる方法をお伝えします。

Ryotaは男なのに女の子の告白成功率を上げれるのかと疑問に思うわれるかもしれません。

しかし、僕は日ごろからセラピーで人間心理を観察し心理誘導までしていますから、心理には人一倍詳しいと自負しています。

なので、男女問わず効果的な告白成功率を上げる方法論をお伝えすることができると思っています。

この記事ではバレンタイン関連と言うこともあり特に女の子にとって役に立つ恋愛心理学の知識をお伝えしたいと思っています。どうぞお楽しみください。

告白の成功率を上げるためには3つの方法があります。

・好きであることを相手に少しばらす

・ボディータッチを行う

・適度に露出を増やす

自分で書いていて、「なんとあくどいテクニックだ!」と思いますが許してください。笑

本当に告白の成功率を上げるためには、この3つのテクニックをうまく利用することが必要だと思います。

好きであることを相手にばらす(好意の返報性)

では、早速1つ目の「好きであることを相手に少しばらす」というテクニックを解説していきましょう。

心理学では、恋愛は好意の返報性から始まるといわれています。

好意の返報性とは、自分を好きになってくれた人に好感を自然に持ってしまう。そういう心理現象のことを指します。

例えば、犬を例に考えてみるとよくわかるのですが、犬は無条件で擦り寄ってきます。

これが可愛らしい犬だと、ほとんどの人はその犬に好意を持つでしょう。これが好意の返報性で、人間にも当てはまります。

自分のことを好きでいてくれる人のことは自然と好きになってしまう。人間とはそういう風に自然に思ってしまう生き物なのです。

ですから、少し自分が相手のことを好きだと言うことをばらしておくと、好意の返報性を狙うことができます。

つまり、少し好感度が高い状態になってくれると言うことです。これは恋愛に役立ちます。

ボディータッチを増やす(サイコロジカルタッチ)

2つ目はボディータッチを増やす。このことについて解説しましょう。

ボディータッチと聞くとなんかいやらしい感じに思われるかもしれませんが、私たちは基本的に触れ合える人に好意を持ちます。

特に男の人は可愛い女の子からボディータッチをされることを嫌がる人はいないでしょう。

心理学では、さりげないボディータッチのことをサイコロジカルタッチといいます。

会話の中で自然なタイミングで相手にボディータッチをする。それがサイコロジカルタッチです。

とはいえ、これだけでは具体的にはどのようにサイコロジカルタッチを行えばいいのかわからない人もいる事でしょう。

サイコロジカルタッチのコツは2つです。

タイミング

触れる位置

まず、サイコロジカルタッチをする上で1番重要な事は「自然なタイミング」です。

あからさまにベタベタ触ったり、変なタイミングでサイコロジカルタッチを行うのは逆効果になりかねません。

女の子の中にはとにかくボディータッチをすればいいと思っている人思いますが、実際にはボディータッチをする回数と言うのは少なくて構いません。

しかし、その代わり相手が好きな言葉、話などが出たタイミングでサイコロジカルタッチを行うようにしてください。

つまり、相手が嬉しそうにしている時、相手にとって良い感情が湧いている時、そういう状態の時を見計らって相手に触れます。

最初は難しいかもしれませんが、徐々に慣れてくることでしょう。まずは会話の中で1回相手に触れることを目指してみてください。

ちなみにサイコロジカルタッチで触れる場所は二の腕が良いとされています。

二の腕は触られてもあまり違和感がなく、無意識に暗示的に入りやすいのでオススメの場所です。

適度に露出を増やす

女の人なら誰でも予想がつくと思いますが、男というのは露出が多い女の人を魅力的に感じます。

単純な生き物ですね。笑

とはいえ、研究によると露出が多すぎるとむしろ魅力的に思われる度合が低くなることがわかっています。

なので、普段の自分よりもやや露出を多めにするというぐらいで十分です。

バレンタインの日は2月ということでとても寒いので、食事に行った時などに軽く袖をまくるなどでもいいでしょう。

あるいはコートの下の服は、身体のラインがわかるような服にするなどでもいいでしょう。

間違っても極端にならない程度に露出を増やす。そういう心がけでいいと思います。

いかがだったでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です