彼氏彼女の目線の動きはどんな意味?アセンブリで相手の心を読み解く

SHARE

彼氏彼女の目線の動きはどんな意味?アセンブリで相手の心を読み解く

 

Ryotaです。

今回のテーマは、

・目線から相手の心理的な意味を読み解く方法

「相手が何を考えているのかわかる方法があればいいのにな」一度や二度はあなたもこのように思ったことはありませんか?

実は心理学を使えば、相手の目線から心理を読み解くことができてしまいます。目線から心理を読み解くというと「右上を見たら嘘をついている」などが思い浮かぶでしょう。

しかし、右上を見たら=嘘」なんてあくまで統計にすぎません。その統計から外れていれば当てはまらないので意味がないのです。この記事ではそんなレベルのことは書きません。

では、解説スタートです!

正しい嘘の見抜き方については↓

www.virtual-psychology.net

アセンブリで相手の心の配置を知る

目線で相手の心理を読み解くために、僕はアセンブリという心理技術を使います。アセンブリとは配置という意味です。アセンブリを作ると言った方がいいのかな?

人は誰しも感情や記憶を空間的に配置しています。感情を例にとると、人はある感情にアクセスするときに必ず特定の場所に目線を動かすのです。特に「好ましい感情」と「嫌な感情」は、明確に配置していることが多いです。

例えば、あなたが彼女と話している時に、その彼女が嫌いな人物が話題に出てくると、彼女の目線は特定の方向に動きます。嫌な感情が置かれている空間にアクセスしているわけです。

その嫌な人物の話題が終わると元の自然な目線に戻ります。で、また嫌な人物が話に出てくると同じ特定の方向に目線が動き、再度嫌な感情にアクセスします。

面白いですよね?このように人は感情を空間に配置しており、そこにアクセスを繰り返しているのです。つまり、目線から心の動きは十分観察可能なんです。

当然、記憶や感情の配置場所は人により異なります。だから、正確に相手の心を読もうとするなら一人ひとりのアセンブリを観察から導き出さなければなりません。個々に合わせたカルテを作っていくのです。

NLPで心が読めない理由

心理学の派生分野にNLP(神経言語プログラミング)があります。催眠の大家で精神科医のミルトン・エリクソン博士の心理技術をベースに開発された分野です。

NLPの技法は有用なものが多く、日本でも様々な場所でセミナーが開催されています。このNLPの有名な技術の一つに「アイアクセシングキュー」というものがあります。

アイアクセシングキューは、目線の動きから相手の心を読み解くマニュアルのようなものです。例えば、以下のようなものです。

・記憶を思い出す=左上
・創造=右上

NLPでは特定のアクセスは目線の方向に現れると考えています。しかし、これはあくまで統計であり、実際には人によって感情や記憶にアクセスする時の目線の動きは異なるのです。

「特定の目線の方向は〇〇」みたいな硬い考え方では、相手の心から読み解くことは到底できません。人間は十人十色です。これがNLPでは心が読めない理由です。

ちなみに世界最高のメンタリスト「ダレン・ブラウン」も、著書の中で「アイアクセシングキューを鵜呑みにする人はいないだろう」と言っています。

とはいえ、NLPは学ぶ価値のある技術が満載です。興味のある方は調べてみてください。

NLPの技術の一つ「リフレーミング」については↓

www.virtual-psychology.net

一人ひとりオーダーメードで心を読み解く

相手の心を読み解くためにはアセンブリのように、オーダーメイドでなければなりません。この世に一人として同じ人がいないのは心理学でも同じです。

相手をよく観察して、相手の目線の配置を知る

これが心を目線から読み解く上で、最も重要なことです。

・楽しい話題の時はどこに目線が動いているのか?
・嫌な話題の時はどこに目線が向いているのか?

常に観察しましょう。これを続けていると本当に心が読めるようになってきます。まずは「楽しい感情」「嫌な感情」の配置を読む訓練から始めてください。それができるようになったら「記憶」「創造」の位置を探りましょう。

ここまで出来ればあとはあなた次第です。誘導するのもよし、自分に好印象を持たせるのもよし。あとは皆さんで工夫してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です