80対20の法則で人間関係の悩みがしんどい!がなくなる

SHARE

80対20の法則で人間関係の悩みがしんどい!がなくなる

Ryotaです。

今回のテーマは、

・80:20の法則

これは僕自身を人間関係の悩みから救ってくれた確かな考え方です。

僕の役に立ってくれた考え方ですから、きっと人間関係に悩むみなさんにも役に立ちます。

80対20の法則とは?

「80対20の法則」は自然界の法則です。

簡単に言うと「80対20の法則」とは、何事も全体の20%が圧倒的な価値を持っているという法則です。

例えば、働きアリは全体の20%が全体の中で圧倒的に働いています。

残り80%は何をしているかというとサボったり、働いているフリをしていたり、働いていてもたいして成果を出せていないのです。

これは「働きアリの法則」とも呼ばれます。

ちなみになんでめんどくさがりの20%のアリが存在しているかというと、たまに餌への最短ルートを見つけることがあるからです。

めんどくさがりが故に成果を上げることもあるということです。

まぁ、それはおいておいて、このような現象が至る所で見られるというのが「80対20の法則」です。

例えば、世界中の富のは20%の人たちが握っています。大多数の人たちが安い賃金で過酷な労働をしている一方で、世界全体の富はわずか20%の人々が握っているのが現実です。

要は何事も全体の20%が大事なんですよということです。

この法則を人間関係に適用しよう!

というのが今日の記事で紹介する内容です。

80対20の法則で鬱が治った!

「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」

これはオーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーの言葉です。

アドラーと言えば、日本でも「アドラー心理学」として一大ブームを巻き起こした精神科医です。

アドラー心理学につい対談形式でわかりやすく書かれた本「嫌われる勇気」は、大ベストセラーになりました。

僕は言いたいことがあるのに言えないという日本人の対人関係の悩みにぴったり合致したからこそ「嫌われる勇気」がベストセラーになったんだと思います。

それほど人間関係の悩みは誰もが苦しみ、しかも深刻なものだと言えます。

世の中には腐るほど人間関係を改善するテクニックを紹介する書籍が溢れています。

しかし、この現象自体が「人間関係の悩みを解決する方法がない」という証明です。

人間関係の悩みを解決できる方法があるならとっくにこの手の本は無くなっているはずだからです。

しかし、実はある考え方を知れば人間関係の悩みは綺麗になくなります。

その考え方が80:20の法則。

これすごいですよ!本当に。笑

実際、僕の友達にこの考え方を教えたところうつ病が治っちゃいました!

これには僕も驚きました。

もちろん実際は、他にもいくつかの心理技法を組み合わせて使いました。

しかし、確かにこの法則は彼のうつ病を治すのに一役買ったのです。

「80:20の法則」を人間関係の悩みに適用!

「80:20の法則」は最初に説明した通り、何事も全体の20%が圧倒的な価値を持っているという法則です。

「80:20の法則」を人間関係の悩みに適用するのは簡単です。

「80:20の法則」に従うと、自分の人間関係の内、20%の人たちだけがあなたにとって必要な人間関係です。

あなたの知り合いが100人いるならそのうち20人だけがあなたに必要な人間です。

その他大勢はあなたにとってなんでもない存在です。

言い方は悪いですが、いわばノイズ。

人間関係で悩む人が

なぜ苦しくなるかというと、

「全員に気に入れられようとするから」

この一点につきます。

「80:20の法則」に従い、20%の人間だけと付き合い、その他ノイズとは付き合わない。

この考え方ができると

対人関係の悩みはなくなります。

なぜなら、嫌な人に気を遣う必要がなくなるからです。

自分が真剣に付き合うのは大切な20%の人だけです。

この割り切りが人間関係をいっきに楽にします。

とはいえ、仕事などで付き合わなければならない人たちとはどうしたらよいのか?とあなたは疑問に思うかもしれません。

これは表面上付き合えばよいのです。

最低限のコミュニケーションを取るだけでいい。

真剣に付き合うのは20%の人たちだけ。

それ以外の人とは必要な時に必要最低限でつきあう。

これならストレスもたまりません。

もうちょっと具体的に80:20の法則を

僕の悪い癖なのですがちょっと抽象的な説明になってしまいました。もうちょっと具体的にこの80:20の法則の使い方を説明します。

最初に書いた通り、80:20の法則は全体の20%に圧倒的な価値があるという自然界の法則です。

何事も20%にこそ価値があるのです。いくつか例を挙げましょう。

例えば、全世界の富は全体の20%の人が握っているし、働きアリの集団では全体の20%のアリが最も働いています。

この法則を人間関係に当てはめると、自分とより良い関係を結べる人は全体の20%なんです。

だから、その20%だけと付き合うようにすれば本当に人間関係が楽になります。「そんな自己中なやり方でいいのか?」と思われるかもしれませんが、それでいいのです。

だいたい人間関係で悩んでしまう人は過剰に人に気を遣いすぎていて、自己中さが欠けています。笑

まずしっかりと自分を保ってこそ他人に優しくできるし、思いやることができるのです。

嫌われるのが怖くて気を遣っているのは本当の優しさではありません。それこそ自己中です。

これは本当に大切なことなのでもう一度言います。嫌われたくないから気をつかうのは優しさなんかじゃない。

だから、まずは自分と良い関係を保てる人とコミュニケーションを取ることから始めてみてください。

20%の人たちとだけしっかりコミュニケーションをとる。話はそれからです。まず放っていても仲良くなれる20%の人たちとだけ仲良くする。

そこで自信がついたら徐々に苦手な人ともコミュニケーションを取るように努力していく。この順序が大事です。

僕も昔はコミュニケーションが下手で人が苦手で悩んでいました。それが嫌でずっと心理学を学んできたんです。

まずは安心できる関係がある。その上で苦手な人に接すると苦手な人に嫌われても安定して関係のいい人たちがいるから大丈夫なんです。

この記事を読んでくださっている方は切実に人間関係に悩んでいる人だと思います。だから、ぜひ実践してみてください。これは僕自身が自分をコミュニケーション上手にさせてきた確かな方法論です。

以下の書籍は僕が実際に購入して、効果が高かったものです。人間関係に悩む方には本当に役立つと確信しています。

 

あなたは洗脳されている

あなたは幼い頃から

「みんなを大切にしなさい」

「誰からも好かれる人になりなさい」

と言われてきたかもしれません。

しかし、これは洗脳です。

よく考えてみてください。

全員を大切にすることなど物理的に不可能です。誰からも好かれることも無理です。

不可能なことを「やるべき」と誤解しているからストレスが溜まるのです。

「できないものはできない」

こういった割り切りこそがむしろ他人を大切にすることに繋がるのです。

誰かれ構わず大切にしようとするのは、

誰も大切にしないのと同じです。

あなたが本当に大切にしたい20%の人たちは誰ですか?

家族や親友、恩師、自分に利益をもたらしてくれる人…etc.

リストアップしてみましょう。

そして、その人たちとの関係を大切にしていくのです。

そうすれば苦しむどころか、大切な人たちなのですから、むしろハッピーになります。

みなさんも今日から「80:20の法則」を実践してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です