男女脳の違いの見分け方!たった一つの見分け方で恋愛もスムーズになる

SHARE

男女脳の違いの見分け方!たった一つの見分け方で恋愛もスムーズになる

Ryotaです。
今回のテーマは、

・男女の脳の違い

男と女というのは不思議なものです。たった2つしかないのに、男女が交わるとものすごく複雑な現象がおきます。その代表はやはり恋愛ですよね。

付き合うまでもそうですが、付き合ってからも男と女のすれ違いは耐えません。

・なんであの人は私のことわかってくれないんだろう?
・なぜ彼女は僕に冷たくしてきたんだろう?
・相手は自分のことどう思っているんだろう?

など男女間のコミュニケーションのすれ違いはいつの時代もあります。

実はなぜこのようなコミュニケーションのすれ違いが起こるのかが、最近になって脳科学の分野でわかるようになってきました。

その理由は、

・男女脳の違い

男女で脳の構造が違うから、コミニケーションのすれ違いが起こるのです。逆に言えば、男女脳の仕組みさえ理解すれば男女間でのコミニケーションがすれ違うことはありません。

すれ違う理由すらないのです。ぜひこの機会に男女脳の違いを知って、恋愛や結婚生活など異性とのコミュニケーションに活かしてください。

男女の脳は違う

男女の脳を調べた研究によると、意外にも男女の脳の物質的な大きな差は認められませんでした。

強いていうならば、女性は男性よりも右脳と左脳をつなぐ回路の大きさが大きいということぐらいでした。研究者たちは思っていたような男女脳の違いを見つけることができなかったのです。

しかし、私たちが経験的に知っているように、男女の脳は確かに違います。写真で撮った写り的な脳には違いはあまり認められませんでしたが、その働きには大きな違いがありました。

その違いとは、

・男性脳=論理的・モノタスク
・女性脳=感情的・マルチタスク

男性脳

男性脳は女性脳に比べて論理的です。物事を論理で捉える傾向が強く、論理的に正しいかどうかを重視する傾向があります。

また、男性脳はモノタスクと言ってひとつのことに集中して取り組むことが得意です。たくさんの物事をいっぺんにすることは苦手で、ひとつのことに集中して物事を行う傾向があります。

女性脳

女性脳は男性脳に比べて感情的です。物事を論理よりは感情でとらえる傾向があります。感情を重視する女性脳は共感力が高く他人の気持ちに寄り添うことを得意とします。

また、女性脳はマルチタスクといって複数のことを同時にこなすことを得意とします。例えば、テレビを見ながら家事をするなど複数のことこなすお母さんを見た事は誰にでもありますよね。

これは女性のならではの特徴です。

男性脳は現在、女性脳は過去と未来にフォーカスする

男性脳は現在にフォーカスをあてて物事を考える傾向があります。だから、話の内容も現在どうするかに焦点が当たっていることが多いのです。

一方、女性脳は過去と未来にフォーカスします。女性と話をしていると「前は〇〇だったよね」というような過去に焦点を当てた話し方をしていることに気づくと思います。

これは女性脳が過去や未来にフォーカスするという性質から来ています。

男性からすると「なぜ今の話をしているのにいちいち過去に戻るのか」と苛立つこともあるでしょう。このように考えてしまうのは女性脳の傾向を理解していないからです。

男性脳か女性脳かは指の長さで区別できる

意外に思われるかもしれませんが男性脳の人が必ず男性、女性脳の人が必ず女性とは限らないのです。逆であることもありうるのです。

そこで男女脳を一瞬で区別する方法論をお伝えします。

それは指の長さを見ることです。人差し指と中指の長さを比べ、

・人差し指の方が短い=男性脳
・人差し指の方が長い or 同じぐらいの長さ=女性脳

この調べ方だと一瞬でその人が男性脳か女性脳か区別できます。そして相手が女性脳であれば、「共感してあげる」「感情をくすぐってあげる」そういうアプローチをしてあげればいいのです。

相手が男性脳なら、「論理的な話し方を心がける」「プライドをくすぐってあげる」そういうアプローチをしてあげればいいのです。

理解してあげようと努力する

男女脳を知っていると、相手を理解してあげようとという努力ができます。相手がいらっとするような発言をしたとしても、その根底には男女脳の違いがあると分かっていればイライラも収まります。

例えば、女性が過去のことをうじうじ言っていたとしても、それは女性脳ならではの良さの1つなのです。そう思えれば全くイライラしないし、むしろ理解してあげようと思えるはずです。

女性の場合も同じで、男性がひとつのことにこだわっているのにイライラしたとしても、男性のはそういうものだというふうに理解したいければイライラすることはありません。

お互いの脳の性質を理解することで、コミュニケーションは格段に楽になります。ぜひ今日から意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です