大学の心理学部はイメージと違う?あなたが「何を学びたいか」によって方向性は変わる

SHARE

大学の心理学部はイメージと違う?あなたが「何を学びたいか」によって方向性は変わる

Ryotaです。
今回のテーマは、

・心理学部はイメージと違う

最近心理学を学びたいという人が増えてきています。自分の心をコントロールしたり、相手の心をコントロールしたり、物事を思い通りに進めることができるからです。

心理学部は心理術を学ぶ場所ではない

そんな憧れを抱いて、大学の心理学部に進む人がいます。そこで大抵の人は、「あれ?思っていたのと違う」となります。大学の心理学部で行われる授業は、人をどうやって自分の思い通りにコントロールするかとかではなく、心理学の歴史や、どのような研究が行われてきたか。また統計の取り方、などイメージしていた心理学とは全く異なります。

一般にいわれている心理学というのは、心理学というよりかは心理術というものです。例えば、メンタリストのDaiGoさんとかに憧れて心理学を学びたいという人は多いと思います。しかし、彼はそもそも心理学部でもありませんし、彼がやっていることは心理学の知識を利用した心理術です。

彼に近いことやりたければ、心理学部に行くのではなく、むしろ占い師の養成学校などに行った方が近いといえるでしょう。大学の心理学部に進めばいい人は、臨床心理士なってカウンセリング行いたいなど。どちらか程度そういうお堅い仕事、お堅い内容を学びたい人が行くべき場所であります。

心理術を使いたいのに、心理学部に行っても意味はありません。いってもイメージと全く違うということになるでしょう。

心理学にも専門分野がある

心理学部はもちろん大学の学部なのですから専攻があります。例えば、自分の心について深く知りたいのであれば、認知心理学を専攻するとよいでしょう。あるいは人の行動特性について専門的に知りたければ、行動心理学を専攻すればよいでしょう。カウンセラーになりたければ、臨床心理学を専攻すればよいでしょう。

このように学部に進めば専攻が1つに決まってしまいます。心理術を学びたい方は、深くひとつのことを学ぶというよりかは、多くのことを浅く広く学ぶことをお勧めします。そういう意味でも、例えば、メンタリストなりたい人は必ずしも大学の心理学部に進む必要ありません。

プラスアルファにはなるかもしれませんが、結局そのエッセンスは独学で学ぶことになるでしょう。なのでメンタリストに憧れて、心理学を学びたいと思っている人は大学の心理学に進むと、全然イメージが違うと思います。

というか、そういう内容は学べません。僕自身もメンタリストというか、心理術を使える人になりたいという思いがありました。ですから、大学は全く関係のない外国語学や教育学でした。

しかし、今では心理療法をはじめ、表情分析や催眠、気功などまで使えるようになりました。あ、気功は心理学ではないかもしれませんが。笑

全部独学です。大学で誰かに教えてもらったわけではありません。もし僕が心理学部に進んでいたら、やはりイメージと全く違うものだったと感じたでしょう。

心理術を使いたい人は独学で十分

大学の心理学研究というのは、僕たち心理術を使う人にとって重要なことは確かです。なぜなら、そこでわかった研究をもとにテクニックを考案するからです。

しかし、ここが重要で、僕たちはテクニックのもとになるものを発見する立場ではありません。それは必要ないことです。

そうではなく、発見されたデータをどのように応用するかを考えることが重要なのです。つまり、どう使うかを考えることが重要だということです。だから、様々な学者が研究したデータを集める立場に立つことが必要なのです。

そういう意味においても、心理術を使いたい人は別に心理学部で学ぶ必要はありません。情報を収集することのほうがよっぽど大切です。

「自分がどこに焦点をあてているのか?」

まずはこのことをしっかり考えてみてください。でないと心理術を学ぼうと思って心理学部に行ったのに、実際に行ってみると、難しい歴史や統計などばかり勉強させられてイメージと全く違ったということになりかねません。

まとめ

・心理学と心理術は違う
・自分は「心理学という学問を学びたいのか?」「心理学のテクニックを学びたいのか?」を考える
・心理術を学ぶなら独学がベスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です