ポジティブシンキングの弊害。悲しい時はとことん悲しめ!

SHARE

ポジティブシンキングの弊害。悲しい時はとことん悲しめ!

Ryotaです。
今回のテーマは、

・ポジティブシンキングの弊害

ポジティブシンキングなんて無理

悲しいときや辛い時は誰にでもあります。こんなとき誰しもポジティブになろうと頑張ります。しかし、ポジティブになろうとすればなろうとするほど逆に悲しくなります。辛くなります。

こんな経験を皆さんもしたことがあるのではないでしょうか。

悲しいときに悲しんでも状況が良くなるわけではないし、つらいときにうじうじ言っていても何かが変わるわけではありません。本人もわかっているけどポジティブになれないのです。

こういうときポジティブ思考を勧める人は、「くよくよしていてもしょうがないんだから明るく行こうよ!」などと言います。

それができたら誰も苦労しません。できないから苦しんでいるのです。

ポジティブシンキングが上手くいかない理由

では、なぜポジティブシンキングは上手くいかないでしょうか?それには人の脳の次のような性質が関わっています。

・脳はネガティブなことを強く記憶する

人はポジティブなことはすっかり忘れて、ネガティブなことばかり強く記憶します。これはあなたのせいではなくて、脳の機能的な問題です。

今、直感的に過去を振り返ってみてください。浮かんでくるのは悲しかったこと、辛かったことではありませんか?あるいはその他ネガティブなことではありませんでしたか?

嫌なことはすぐに思い出せるのに、明るい事は努力しないと思い出すことができない。もちろん、一部の遺伝的にポジティブな人たちは常に明るいことしか見えません。

確かにそういう人達はいます。でも、そういう人は全体から見ればごく一部です。僕は正直そういう人たちがうらやましいです。

自分は昔からあまり明るくなく、どちらかというとネガティブでした。周りからはとても明るくみられていますが、自分の中ではどうしてもそうは思えませんでした。

そういうくすぶりが心理学を学ぶきっかけになったと思っています。

話は逸れましたが多くの人は、ポジティブというよりかはネガティブです。特に日本人はこの傾向が強いことがわかっています。この記事を読んでくれているあなたも、そうではないかと思います。

なぜ脳は優先してネガティブなことを記憶するのか?

「なぜ自分はネガティブなんだろう?」ポジティブな人を見ると昔は僕もよくそう思っていました。

明るい人がいっぱいいる一方で、自分のような暗い人間もいる理由が分かりませんでした。「一体何が違うのか?」何度もそう思いました。

ただ脳科学を学ぶうちに、その答えが見えてきました。それが脳は優先してネガティブなことを記憶する。そういう事実です。

迷惑な話ですが、なぜいったいこのようなことが起きるのか。その答えは進化の過程に求めることができます。のの生物としての使命は、生体を生き永らえさせることです。これ以上に重要な使命はありません。

つまり、死なないということを目的にしているのです。そのためには、嫌なことをしっかり記憶して次に回避できるようにしていなければなりません。

例えば、崖から落ちて死にかけたのに、また次も崖から落ちるようなら命がいくつあっても足りません。危険なこと、嫌な事はしっかり記憶しておく必要がありあるのです。

だから、優先してネガティブなことを記憶するのです。

とことん悲しむ力も必要

心は体と同じく恒常性を持っています。恒常性とは一定の安定した状態に心や体を保とうとする生物の働きです。

例えば、自分にとってよくないことが起きたとき、心はマイナス側に移動してしまいます。しかし、時間が経てば、本野安定していた位置に動き、心はバランスを取ろうとします。

これが恒常性です。

しかし、この恒常性は悲しむべき時に悲しんでいなければ機能しなくなります。だから、悲しいときはとことん悲しむ力も実は必要なのです。

しっかりと感情出し切れば、恒常性が働いて元の安定した位置に自分の心を戻してくれます。こんなときにポジティブシンキングをしてしまうと恒常性を邪魔してしまいます。

だから、ネガティブなことが起きたときは、「自分らしくない」と中立性を保つか、とことん悲しみ感情出し切るか、で対処するべきなのです。

「らしくない思考」については↓
・スポーツ本番でメンタルを保つ心理テクニック!もう緊張しない

間違っても「ポジティブにならなきゃ」とポジティブシンキングを行ったりしてはいけません。恒常性に心が安定して初めてポジティブシンキングは意味を持ちます。

・科学的に前向きになる方法があった!驚異のポジティブ心理学を解説

まとめ

 

・ほとんどの人はネガティブ

・脳は進化の過程でネガティブなことを記憶してきた

・ポジティブシンキングよりとことん悲しめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です