ホメオスタシスを徹底解説!現状を維持する恒常性のメカニズム

SHARE

ホメオスタシスを徹底解説!現状を維持する恒常性のメカニズム

Ryotaです。
今回のテーマは。

・ホメオスタシス

ホメオスタシスとは?

ホメオスタシスとは人間が持つ恒常性維持機能のことです。恒常性維持機能とは生体をある一定の状態に保とうとする働きのことです。

例えば、転んで怪我をしたとき、時間が経てば傷が塞がり元のきれいな皮膚に戻ります。これがホメオスタシスの作用です。

風邪を引き熱が出た時、暖かくして栄養とり眠っているとやがて元の平熱に戻ります。これもホメオスタシスの作用です。

私たちの体温が一定に保たれていたり、ウィルスが体内に侵入したときにそれを自動的に排出してくれるこのようなメカニズムがホメオスタシスです。

ホメオスタシスは心の世界にも広がっている

ホメオスタシスは一般的に医学など、身体的な面で語られる言葉でした。

しかし、最近になりこのホメオスタシスがただ物理的なカラダの空間に広がるだけではなく、情報空間、つまり心の世界にまで広がっていることが明らかになってきました。

厳密にはハーバードの医学部などで、以前から主張していた人はいたようですが。

体と同様に心も常に一定の状態を保とうとホメオスタシスが働いているわけです。このホメオスタシスは私たちを安定した心の状態に保ってくれる一方で、困った状況を引き起こすこともあります。

それが「変化を嫌う」という現状維持メカニズムです。

ホメオスタシスが持つ現状維持メカニズム

ホメオスタシスは私たちが安全に生きられるように体や心を常に一定に保とうとします。この現状維持メカニズム自体は非常に素晴らしいのですが、私たちが「変わりたい」と思ったときに足を引っ張ることになります。

例えば、ダイエットでのリバウンド。「太っている自分を変えたい。」

そんな強い意志もホメオスタシスの現状維持メカニズムの前では歯が立ちません。少し痩せたと思っても、すぐに元の太った自分に戻ってしまいます。

これがホメオスタシスの持つ現状維持メカニズムです。このメカニズムは変化しようとする人にとって、最大の壁となります。

昨日まで安全に生きられた

ホメオスタシスの目的はただ一つですです。

・生体を安全に保つこと

とにかく危険にさらされず、私たちが安全に過ごしていけるようjにするのがホメオスタシスの仕事です。変化すればリスクがあります。

少なくとも今日までは、今の自分で安全に生きて来れたわけです。しかし、変化してしまうとリスクが生じます。だから、全力でホメオスタシスは私たちが変化するの食い止めようとするのです。

もう一つ重要なことをホメオスタシスにとって「良い・悪い」は存在しないということです。

私たちから見て良いこと悪いことというのはホメオスタシスにとっては何の関係もありません。とにかく現状維持。ホメオスタシスがやることはただそれだけです。

コンフォートゾーン

コンフォートゾーンとは心理学で快適な空間と言われるものです。私たちはそれぞれ自分の快適な空間を持っています。

例えば、家にいると何も考えずに安心できるのに職場や学校にいくと急に不安が襲ってきたりするのは、イエはコンフォートゾーンである一方、職場や学校がコンフォートゾーンではないからです。

人はとにかくコンフォートゾーンから出たくありませんから、何らかの理由を付けて現状を維持しようとします。ダイエットに失敗する人は、太っている自分がコンフォートゾーンになっているのです。

痩せた自分というのはコンフォートゾーンでは無い世界です。だからダイエット始めて少しでも痩せようものなら、即座にホメオスタシスが働き、元の「太った自分」というコンフォートゾーンに戻そうとする強力な力が働きます。

この力に負けて結局リバウンドします。

ホメオスタシスダイエットなどはこの原理を理解した上で対処するダイエット法です。

現状を破壊するたった一つの方法

ここまでホメオスタシスの原理について見てきました。こんな強力な力を持ったホメオスタシスには敵わないと思われたかもしれません。

しかし、このホメオスタシスを動かし、現状を突破する方法が1つだけあります。それは、

・小さな行動の積み重ね

多くの人が失敗するのはホメオスタシスに気づかれるような大胆な変化をしようとしてしまうことです。変化を認識するとホメオスタシスは反応し、元のコンフォートゾーンに自分を引き戻そうとしてしまいます。

しかし、ホメオスタシスに気づかれないぐらい小さな行動の積み重ねを行なっていくと、やがてコンフォートゾーンの空間が移って行きます。

例えば先ほどのダイエットの例でいうと、

「夕食のおかずを1つ減らす」

これぐらい小さなこと継続するのです。そうすると徐々に、「夕食のおかずが一品少ない状態」がコンフォートゾーンに変わっていきます。

こうなれば今度はホメオスタシスが「夕食のおかずが一品少ない状態」を現状維持しようとしてくれます。つまりホメオスタシスが味方になって現状を変えていくことができるのです。

もちろんダイエットだけではなく、すべてのことにこの原理は当てはまります。あなたが「変えたい」「変わりたい」と思うことがあるならば、

・小さな行動を少しずつ継続していく

このことを意識して実践してみてください。そうすれば現状維持のメカニズムを脱却し、新しい自分になることができます。

まとめ

・ホメオスタシスは現状維持機能

・ホメオスタシスは心の世界まで広がっている

・ホメオスタシスは安全最優先

・コンフォートゾーンは快適空間

・小さな行動の積み重ねが現状打破をもたらす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です