【洗脳技術】先に動いた人がその場の空間を支配する法則

SHARE

【洗脳技術】先に動いた人がその場の空間を支配する法則

Ryotaです。
今回のテーマは、

・空間支配

これは主に洗脳で使われる技術の一つで、相手の空間を自動的に支配する基本法をお伝えします。

人は会った瞬間にどちらの立場が上か探り合っている

人は無意識下において、常に自分と相手との支配関係を探り合っています。

これは動物が持つ本能のようです。

例えば、弱い動物は人間相手に吠えたり騒いだりしますが、ライオンなどは人間が動物園で見ていてもビクともしません。

ライオンにとって人間など取るに足りない存在です。だから、いちいち反応しません。

でも、人間がライオンの檻に入れられたらギャーギャー騒ぎますよね?笑

これは人がライオンには敵わないとわかっているから起こることです。

このように人も動物である以上、会った瞬間に自分の立場と相手の立場の支配関係を探るという性質があるのです。

今日紹介する方法論はこの性質を利用します。

先手こそが支配者の証

ライオンと人間のように明らかに立場が明確な場合は、すぐに空間の支配者は決定します。

しかし、対等なもの同士が出会った時には、どのようにして支配者が決定されるのでしょうか?

例えば、人間と人間のように。

対等なもの同士が出会った時にその空間の支配者となるのは、

・先に動いた人

非常にシンプルなのですが、たったこれだけのことです。

先手必勝とはよく言いますが、心理学においても先手を打ったものは支配者となるのです。

支配者になりたければコップを動かせ

ということはその空間の支配者になりたければ、先に行動すればいいだけです。

例えば、食事の席であれば、先に飲み物を飲む。

たったこれだけのことで、相手の無意識にはあなたが優位であることが印象付けられます。

ただし、いくつかコツがあるのでお伝えしておきましょう。

まず、先手を取るのは、互いが対峙した時だということです。

例えば、先ほどの「食事」という場面であれば、お互いが座り食事の準備が整ったタイミングです。

両者の中立性が保たれた瞬間に先にアクションを起こすというのがこの技術のポイントなのです。

次に相手に意識されてはいけないということです。

無意識に働きかける方法論は、相手に気づかれた時点で効力を失います。

さりげなく相手に意識されないように先手の行動をとります。相手に意識されないようにするコツは、自分も意識しないことです。

「自分が先に動くんだ」と意識しすぎると、動きはぎこちなくなりますし相手に違和感を与える結果になりかねません。

まとめ

・人は出会った瞬間に立場の探り合いをしている

・先に動いた人が空間の支配者となる

・中立性が保たれた状況で、相手に気づかれずに先手を取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です